ソーシャルアプリから学ぶUXデザイン~TuneTVとMy365~

去る7月3日(火)、クリーク&リバー社主催で、
ソーシャルアプリから学ぶUXデザイン~TuneTVとMy365~
というセミナーが開催され、株式会社シロクの石山氏と弊社のUXデザイナー藤井幹大によるトークセッションが行われました。
非常に見所の多かったそのセミナーの、全部とはいきませんが心にのこったUX金言をここでご紹介したいと思います。
※石山氏の敬称も文中では省略させていただいております。ご了承ください。

まとめ方としては、石山氏、藤井両名の発言を私の主観で5つの分野にカテゴライズしご紹介させていただきます。
*本記事は石山氏および藤井の許可を得て公開しています。

右が石山氏(株式会社シロク)、左が藤井(株式会社ジェネシックス)

この投稿の続きを読む

genesixデザインプロセス – 3 – UIデザイン

この記事は、「genesixデザインプロセス」の一部です。
«(前のフェイズ) UXデザイン

概要

アプリにおけるUIデザインの役割は、「ビジネスや技術」と「ユーザー」の間に存在するインターフェイス(境界面)を、ユーザーが無事にゴールにたどり着けるように設計することです。「ビジネスや技術」は、ユーザーにとって専門的で理解しにくい場合が多く、時としてゴールにたどり着くことの妨げになってしまいます。UIデザイナーはその問題を理解、解決しながら画面を設計していきます。
そのため、UIデザイナーがUIデザインのプロセスに入る段階では、必ず前段階で設計されたUXデザインを理解している必要があります。UIデザイナーが自らUXデザイン設計をした場合に問題はありませんが、他のデザイナーがUXデザインをした場合は、そのデザイナーからきちんとヒアリングをしておきます。UIデザインのどのプロセスにおいてもUXデザイン設計に立ち戻れるように、ドキュメントにして身近に準備しておくことも大切です。

この投稿の続きを読む

genesixデザインプロセス – 4 – 検証

この記事は、「genesixデザインプロセス」の一部です。
«(前のフェイズ) UIデザイン

概要

検証のフェイズでは、UXデザインのゴール仮説の検証と、仮説に対する要件の検証を行います。
この投稿の続きを読む

UXデザインを共有するためのテンプレート – UXデザイン定義書

この記事は、「genesixデザインプロセス」の一部です。

概要

UXデザイン定義書は、genesixデザインブロセスのUXデザインフェイズで作成され、その後の全てのフェイズの軸となる非常に重要なドキュメントです。
デザインプロセスの内容を参照してご利用下さい。
この投稿の続きを読む

genesixデザインプロセス – 2 – UXデザイン

この記事は、「genesixデザインプロセス」の一部です。
«(前のフェイズ) プロジェクトヒアリング

概要

UXデザインのフェイズでは、全体のスケジュールを把握した上で調査から要件決定までを行います。
ジェネシックスでは、

つくるのはモノではなく、ユーザーとモノが出会った先にあるユーザーの達成体験

という「モノづくり哲学」を掲げています。

そこから、ジェネシックスでは、

UXデザイン=ユーザーが何を達成したいのか(=ゴール)を発見し、その方法を設計すること。

であると考えています。

このUXデザインのフェイズでは、ユーザーがどんなゴールを持っているかを調査し、そのゴールに至る方法を設計し、具体的な要件にまで落とします。
この投稿の続きを読む

genesixデザインプロセス – 1 – プロジェクトヒアリング

この記事は、「genesixデザインプロセス」の一部です。

概要

プロジェクトヒアリングのフェイズでは、企画とビジネス的な要件をヒアリングして状況を把握します。
(スマホのネイティブアプリの企画であれば、マーケットのレギュレーションは確認した状態で共有してもらう。)

この投稿の続きを読む

genesixデザインプロセス – スマートフォンアプリ開発における「デザイン」の役割

デザインプロセス公開について

ジェネシックスのデザインセンターでは、モノづくりをする際に、デザイナー・エンジニア・プロデューサーの3職種がそれぞれの責任範囲を持ってチームを組みます。

ジェネシックスでは、多くのプロジェクトで「デザイン」主導での開発をしており、デザイナーは、企画→開発→プロモーションとプロジェクトの全域に関わっているので、デザインのプロセスを共有することでプロジェクト全体が円滑に進むと考え、社内に文書で共有しました。
(※「デザイン」主導とは、ビジュアルデザインが先行するという意味ではなく、コンセプトなどを含めた広義の「デザイン」を元に開発をするという意味です。 )

そうしてまとめてみると、弊社の2年間弱のスマートフォンアプリ開発におけるモノづくりの考え方やリアルな問題と解決が反映されたユニークなものになっていると思えたので、荒削りではありますが公開することにしました。
同じようなことで悩んでいる方のヒントになれば幸いです。
この投稿の続きを読む