Androidのアプリ内課金(In-app Billing)についてまとめてみた

こんにちは。エンジニアの@cutmailです。

先日GoogleよりAndroid Market向けのアプリ内課金システムであるIn-app Billingが発表されました。

現時点で分かっている範囲で、どんなことができるのか、また制限などについてまとめてみました。

できること

  • In-app Billingはアプリケーションでデジタルコンテンツを販売するためのサービス。
    • メディアファイル、写真、ゲームのレベルやポーションなどのバーチャルコンテンツを含む幅広いコンテンツを販売できる

制限など

  • アプリ内課金を使えるのは、Android Marketを利用している全てのアプリ
  • Androidマーケットは全ての購入処理を扱うため、アプリケーションが直接取引のための記述をする必要はない
  • 手数料はアプリ販売と同じ30% (通信料・決済手数料として携帯電話事業者、クレジットカード等の課金提供者へ払われる)
  • API level 4以上のアプリケーションからIn-app billingのフレームワークを使えるようになる
  • Android Market publisher accountとGoogle Checkout merchant accountが必要
  • コンテンツの配信はMarket側では行わないので、独自に用意する必要がある

現時点で手に入るもの

  • SDK
  • サンプルコード(SDKに付属)

※ただ現時点では実装したり、テストはできないようです。

詳細は、下記の公式ドキュメントを見てみることをおすすめします。