【祝1周年】トリセツで実践した3つのテッパンiPhoneアプリマーケティング

torisetsu_1year_ageage

昨年の9月6日にリリースした日本一やさしいiPhoneの取り扱い説明書「iPhoneのトリセツ」が本日で1周年を迎えました。365日、毎日オススメのアプリ紹介やよりiPhoneが便利になる小技など、徹底した初心者目線で記事をお届けしております。

新メディアアプリ「iPhone初心者のための解説&流行アプリ情報ートリセツー」をリリースしました。|ジェネシックスブログ」

お陰さまで順調にトリセツの読者さんも増えております(感謝!)。そこで、この1年でトリセツにて実践してきたアプリマーケティングの中でも特に効果があったもの3つに絞ってズドンとご紹介したいと思います。

 

■実績 ~MAUやPV数など~

その前に、簡単にトリセツの現状の実績をご紹介します。

▼MAU

直近3月~7月のMAU推移です。

mau_torisetsu

3月に20万程度だったMAUは7月には倍の40万近くまで上昇中です。Web版のサイトもありますが今回ご紹介する数字はすべてアプリにおける数値です。DAUだと130,000~150,000のロイヤリティの高い読者さんが毎日訪問してくれています。

 

▼紹介アプリのダウンロード数

トリセツでは日々様々なジャンルのアプリレビューを行っています。レビュー記事によるアプリダウンロードの効果は少ないものだと数百ダウンロードですが、平均して2,000ダウンロード、多いものだと10,000ダウンロードを越える場合もあります。iPhone初心者の方が多いということもあって、定番ツール系のアプリなどが人気ですね。ちなみに読者さんの半数以上が女性です。

 

▼PV

月間ページビュー数は現在約600~700万です。毎日の記事更新数は3本(たまに4本)と、毎日読者さんが把握できる範囲内の記事数にとどめています。サービスとしてページビューは重視しておらず、実際トリセツにおける重要KPIはあくまでMAUやDAUで、質の高い読者さんの獲得を目指しています。

 

さて、実績の話はそこそこに、ここから効果的なiPhoneアプリマーケティングを3つご紹介。

 

①ASO ~キーワード選定とレビュー促進~
dl_torisetsu

こちらはASO(AppStore Optimization)対策をして効果が出始めたころのデイリーダウンロード数の推移です。施策前と比べて3~4倍に増えました。ASOのポイントは2つです。

①対策キーワード選定

②レビュー催促機能

先ず①に関しては、当たり前ですがアプリのダウンロードにつながるようなモチベーションとマッチした検索キーワード対策が重要です。トリセツではアプリ内の記事検索キーワードのログを参考に設定しました。その対策キーワードは、ちょっと露骨ですが各種itunes connectの登録情報にちりばめられています。

②はだいたいのメジャーアプリはちゃんと実装していますが、満足してアプリを使ってくれているユーザーさんがある程度いるなら絶対効果的です。レビューによるレーティングの数や質は各対策キーワードの順位や、CVRにかなり関わってくるのが実感値です。

irate_torisetsu

※実際のレビュー催促アラート

この催促アラートを表示させるタイミングと文言のチューニングも重要です。トリセツではいくつかのパターンを検証しましたが、トリセツの世界観を反映したカジュアルな文言と、新規ダウンロード後3日以降の3回目起動で表示させています。ちなみにこのアラートが表示されて「はい!今書きます」を押してくれる人の割合は3~4%でした。

 

②バッジとプッシュ通知

スマートフォンアプリマーケティングにおいて、プッシュ通知はもの凄い武器ですよね。ただいち読み物のメディアアプリという立ち位置では頻繁なプッシュ通知はうざったいものになってしまうので、プッシュ通知は多くても週1回。速報的なニュースや、かなり自信を持ってお送りできる記事更新の際に記事タイトルを入れてプッシュを打ちます。こうやってかなり慎重にプッシュを打っている代わりに、毎日表示させているものがバッジです。

ba_torisetsu

トリセツの設計段階においても、いかにトリセツを立ち上げることを習慣化してもらうかが重要なテーマだったので、毎朝の通勤・通学時にトリセツの存在にそれとなく気づいてもらうために、毎朝7時にアプリアイコンにバッジを表示させています。これを朝イチバッジと呼んでるわけですが、もちろんそのタイミングには新しい記事が更新されている状態です。実際アクティブユーザーを時系列で見てみると…

morning_torisetsu02

効果てきめん!ちなみにこちらのワザはエキサイトニュースさんに教えて頂きました。感謝です!

 

③アプリ間ネットワーク(独自エコシステム)

アプリ間での誘導もアプリマーケティングでは常套手段ですね。トリセツの場合も例にもれず、そしてちょっと戦略的に独自エコシステムを作っています。

ura_torisetsu

このアプリ「ウラワザ for iPhone」はトリセツへモチベーションの高いトラフィックを送客するための集客アプリという位置づけです。

アプリ自体はトリセツの「小技」というコンテンツを流用してよりストック型に見やすくしたもので、コンテンツの再利用をしつつ、よりエッジのたったパッケージにすることによってダウンロード数は毎日約1,000程度。ここから日々トリセツに新しい読者予備軍を送客しています。iPhoneアプリの集客においてAppStoreのトラフィックはやは絶大なので、そのエコシステムのなかでいかに巧妙に網を張って独自エコシステムを築けるかは中長期で効いてくるポイントですね。

 

最後に

上記3つ以外にもトリセツでは様々なマーケティング施策を行ってきましたが、やはりアプリ自体の価値(トリセツではコンテンツ(記事)の面白さやそこに対する想い)がベースにあって、そのうえで実施するから効果的なんだと実感しています。今月には新しいiPhoneも発売され、さらに待望のドコモからも発売(?)されるそうですね。希望を持った悩めるiPhone初心者さんたちがたくさんやってくると思うので、これからも初心者に向けた価値あるコンテンツ、iPhone体験を提供していきたいと思います。

tuneTVの進化形 − emoconリリースのお知らせ

こんにちは、tuneTVのプロデューサー @rikanakayama です。

2ヶ月前にこんなプレスリリースを配信しましたが、その続報をやっと発表できます。
「GREEと提携して新しいTV視聴体験を提供するスマホアプリを共同開発!」
各方面から(特にソーシャルメディア、ソーシャルTV業界の親しい方から)プレスリリースを配信して以降、どんな取り組みなの???と多数質問をいただきましたが、歯切れの悪い回答しかできず、ごめんなさい。
やっと本日のリリースと同時に情報も解禁となりましたので、なんでも聞いてください(笑)

アプリの内容についてはまずは、75秒の動画が一番わかりやすいかと(サウンドが流れますのでご注意)

この投稿の続きを読む

国内のソーシャルTVアプリ事情− tuneTV 1周年を振り返る

こんにちは、 @rikanakayama です。
この夏は海外だけでなく国内でもソーシャルTV系のアプリがリリースラッシュでしたね(*´ο`*)=3

そんな新顔のソーシャルTVアプリがあふれるなか、リリース後1周年を迎えすでに老舗感さえ漂うtuneTVをいつもご愛用いただいているユーザーの皆様、ほんとうにありがとうございます。
とはいえ、そんな tuneTVユーザーの皆さんに甘えているわけにはいかないので、この秋には tuneTVもリニューアルの予定です。ちょっと期待してお待ちください。

さて今回の記事は、リリース後1周年でリニューアルの節目を迎える tuneTV にフォーカスしてみました。とくに tuneTV をとりまく外部環境も踏まえつつ、なぜ今のtuneTVの形になったのかについても、ふりかえりつつまとめてみたいと思います。

tuneTV_screenshot1
※バルス祭りの時のtuneTV。なんと、裏のフジテレビが互角(!?)

この投稿の続きを読む

ソーシャルTVアプリの海外最新情報を語ろう!

@rikanakayama です。
今回はイベントのご紹介です。

弊社のBar Ajitoで第2回 Bar 境塾が開催されます。
Bar境塾とは、「テレビは生き残れるのか」の著者でもあるメディアストラテジストの境治さんが主催のリアルミーティング”境塾”のカジュアルイベントです。第一回は「ソーシャルテレビをアプリで語る」というテーマで、司会の境さんを中心にパネルディスカッションが行われました(詳細はぜひ境さんのブログで)。

ちなみに境塾にはテレビ局、制作会社、IT企業や広告代理店とさまざま分野のメンバーが参加されています。だからこそパネルディスカッションの後のTalk&Barタイムも非常に有意義。業界を横断して”ソーシャル×テレビ”について意見交換できる場なんて他にはないんじゃないかな。

ということで、本題へ。

BAR境塾「TVアプス最前線!」
日時:2011年12月2日(金)19時開場・20時開始
(20時までに気楽に集まっていただき、お互いの交流もしてください。ビールなど飲み放題です)
司会:境 治(メディアストラテジスト・ビデオプロモーション)
スピーカー:中山理香氏(tuneTV開発・ジェネシックス)
コメンテイター:中澤義孝氏(NHKメディアテクノロジー)
橋本英明氏(フジテレビジョン)
人数:30名
開場の都合上、人数を絞らせていただきます。
会費:500円(雑費などに充てさせていただきます)

この投稿の続きを読む

Android女子会を動画にしてみました。

先日のAndroid女子会の様子を
インスタント動画サービスをつかって
ムービーにしてみました。
(…息抜きにご覧くださいw)
※いったんブログ外に飛んでからご覧いただくことになります。

この商品の紹介CMを見る

Android女子会は先日4社共催で実施した、
Andoridスマートフォンを愛用する女子限定の
カジュアルなイベントです。

Twitterで告知して、25名ほどの素敵な女性にお集りいただき、
とても楽しく有益な時間となりました。
詳細は、以下の3サイトでもご紹介されているのでぜひご覧ください。

プログラム:
(1)ワークショップ「理想のホーム画面をつくる」
※アンドロイドールのライブレビューon Ustream
(2)主催者からのライトニングトーク
(3)懇親タイム
主催:ECナビジェネシックスエムワープヴィーナスプロードキャスト

Program: (1) Workshop “Making an ideal home screen” live on Ustream review of Android ※ Lumpur (2) from a sponsor lightning talks (3) Reception sponsored by Time: EC Navi / Jeneshikku s / Emuwapu / Venus Group broadcast

Android Bazaar and Conference 2011 SummerのLT資料共有。 #abc2011s

去る7月17日、早稲田大学で開催されたAndroid Bazaar and Conference 2011 Summer,通称 #abc2011s に参加してきました。

コミュニティトラックの女子部枠で@tryal さんと @Eri_Kajitani さんと共に LTをさせていただいたので、そのなかの自分の資料をここで共有させていただきます。5分のLTにつき内容はライトですがあしからず!

Androidアプリデザインの基礎知識

Introduction

はじめまして。ジェネシックスでUIデザイナーとして働いている@mihamochiです。

この記事は、ジェネシックス内で初めてAndroid端末向けアプリケーション開発に携わるデザイナーが、戸惑うことなく作業を始められるようデザインの各ステップごとに分けてまとめた内部資料を一般に公開するものです。
インターネット上にはAndroidアプリ制作に関連する様々な記事がアップされておりますが、スタートアップするにあたり、このようなまとまった記事がなかなかないのが現状です。”Android Developers”にすら、基本的なパーツの説明が主となり、ざっくりとしかデザイン定義がされていないのです。
”Androidアプリデザインの基礎知識”は、ポイントを絞り、基本、観念を抑え、まずこのドキュメントを読めば、アプリをスムーズに制作することができるよう意識して作成いたしました。今後も随時新しい情報を追加予定です。

Before Starting Design…

1.端末ごとの解像度の理解

Android端末は、ディスプレイサイズ、画像解像度が端末により異なるため、
もちろん見え方もそれぞれです。フォントもメーカーにより異なります。
よって、デザインをするにあたり、まず端末ごとの特徴の理解は必須になります。

この投稿の続きを読む

Androidのアプリ内課金(In-app Billing)についてまとめてみた

こんにちは。エンジニアの@cutmailです。

先日GoogleよりAndroid Market向けのアプリ内課金システムであるIn-app Billingが発表されました。

現時点で分かっている範囲で、どんなことができるのか、また制限などについてまとめてみました。

できること

  • In-app Billingはアプリケーションでデジタルコンテンツを販売するためのサービス。
    • メディアファイル、写真、ゲームのレベルやポーションなどのバーチャルコンテンツを含む幅広いコンテンツを販売できる

制限など

  • アプリ内課金を使えるのは、Android Marketを利用している全てのアプリ
  • Androidマーケットは全ての購入処理を扱うため、アプリケーションが直接取引のための記述をする必要はない
  • 手数料はアプリ販売と同じ30% (通信料・決済手数料として携帯電話事業者、クレジットカード等の課金提供者へ払われる)
  • API level 4以上のアプリケーションからIn-app billingのフレームワークを使えるようになる
  • Android Market publisher accountとGoogle Checkout merchant accountが必要
  • コンテンツの配信はMarket側では行わないので、独自に用意する必要がある

現時点で手に入るもの

  • SDK
  • サンプルコード(SDKに付属)

※ただ現時点では実装したり、テストはできないようです。

詳細は、下記の公式ドキュメントを見てみることをおすすめします。