【祝1周年】トリセツで実践した3つのテッパンiPhoneアプリマーケティング

torisetsu_1year_ageage

昨年の9月6日にリリースした日本一やさしいiPhoneの取り扱い説明書「iPhoneのトリセツ」が本日で1周年を迎えました。365日、毎日オススメのアプリ紹介やよりiPhoneが便利になる小技など、徹底した初心者目線で記事をお届けしております。

新メディアアプリ「iPhone初心者のための解説&流行アプリ情報ートリセツー」をリリースしました。|ジェネシックスブログ」

お陰さまで順調にトリセツの読者さんも増えております(感謝!)。そこで、この1年でトリセツにて実践してきたアプリマーケティングの中でも特に効果があったもの3つに絞ってズドンとご紹介したいと思います。

 

■実績 ~MAUやPV数など~

その前に、簡単にトリセツの現状の実績をご紹介します。

▼MAU

直近3月~7月のMAU推移です。

mau_torisetsu

3月に20万程度だったMAUは7月には倍の40万近くまで上昇中です。Web版のサイトもありますが今回ご紹介する数字はすべてアプリにおける数値です。DAUだと130,000~150,000のロイヤリティの高い読者さんが毎日訪問してくれています。

 

▼紹介アプリのダウンロード数

トリセツでは日々様々なジャンルのアプリレビューを行っています。レビュー記事によるアプリダウンロードの効果は少ないものだと数百ダウンロードですが、平均して2,000ダウンロード、多いものだと10,000ダウンロードを越える場合もあります。iPhone初心者の方が多いということもあって、定番ツール系のアプリなどが人気ですね。ちなみに読者さんの半数以上が女性です。

 

▼PV

月間ページビュー数は現在約600~700万です。毎日の記事更新数は3本(たまに4本)と、毎日読者さんが把握できる範囲内の記事数にとどめています。サービスとしてページビューは重視しておらず、実際トリセツにおける重要KPIはあくまでMAUやDAUで、質の高い読者さんの獲得を目指しています。

 

さて、実績の話はそこそこに、ここから効果的なiPhoneアプリマーケティングを3つご紹介。

 

①ASO ~キーワード選定とレビュー促進~
dl_torisetsu

こちらはASO(AppStore Optimization)対策をして効果が出始めたころのデイリーダウンロード数の推移です。施策前と比べて3~4倍に増えました。ASOのポイントは2つです。

①対策キーワード選定

②レビュー催促機能

先ず①に関しては、当たり前ですがアプリのダウンロードにつながるようなモチベーションとマッチした検索キーワード対策が重要です。トリセツではアプリ内の記事検索キーワードのログを参考に設定しました。その対策キーワードは、ちょっと露骨ですが各種itunes connectの登録情報にちりばめられています。

②はだいたいのメジャーアプリはちゃんと実装していますが、満足してアプリを使ってくれているユーザーさんがある程度いるなら絶対効果的です。レビューによるレーティングの数や質は各対策キーワードの順位や、CVRにかなり関わってくるのが実感値です。

irate_torisetsu

※実際のレビュー催促アラート

この催促アラートを表示させるタイミングと文言のチューニングも重要です。トリセツではいくつかのパターンを検証しましたが、トリセツの世界観を反映したカジュアルな文言と、新規ダウンロード後3日以降の3回目起動で表示させています。ちなみにこのアラートが表示されて「はい!今書きます」を押してくれる人の割合は3~4%でした。

 

②バッジとプッシュ通知

スマートフォンアプリマーケティングにおいて、プッシュ通知はもの凄い武器ですよね。ただいち読み物のメディアアプリという立ち位置では頻繁なプッシュ通知はうざったいものになってしまうので、プッシュ通知は多くても週1回。速報的なニュースや、かなり自信を持ってお送りできる記事更新の際に記事タイトルを入れてプッシュを打ちます。こうやってかなり慎重にプッシュを打っている代わりに、毎日表示させているものがバッジです。

ba_torisetsu

トリセツの設計段階においても、いかにトリセツを立ち上げることを習慣化してもらうかが重要なテーマだったので、毎朝の通勤・通学時にトリセツの存在にそれとなく気づいてもらうために、毎朝7時にアプリアイコンにバッジを表示させています。これを朝イチバッジと呼んでるわけですが、もちろんそのタイミングには新しい記事が更新されている状態です。実際アクティブユーザーを時系列で見てみると…

morning_torisetsu02

効果てきめん!ちなみにこちらのワザはエキサイトニュースさんに教えて頂きました。感謝です!

 

③アプリ間ネットワーク(独自エコシステム)

アプリ間での誘導もアプリマーケティングでは常套手段ですね。トリセツの場合も例にもれず、そしてちょっと戦略的に独自エコシステムを作っています。

ura_torisetsu

このアプリ「ウラワザ for iPhone」はトリセツへモチベーションの高いトラフィックを送客するための集客アプリという位置づけです。

アプリ自体はトリセツの「小技」というコンテンツを流用してよりストック型に見やすくしたもので、コンテンツの再利用をしつつ、よりエッジのたったパッケージにすることによってダウンロード数は毎日約1,000程度。ここから日々トリセツに新しい読者予備軍を送客しています。iPhoneアプリの集客においてAppStoreのトラフィックはやは絶大なので、そのエコシステムのなかでいかに巧妙に網を張って独自エコシステムを築けるかは中長期で効いてくるポイントですね。

 

最後に

上記3つ以外にもトリセツでは様々なマーケティング施策を行ってきましたが、やはりアプリ自体の価値(トリセツではコンテンツ(記事)の面白さやそこに対する想い)がベースにあって、そのうえで実施するから効果的なんだと実感しています。今月には新しいiPhoneも発売され、さらに待望のドコモからも発売(?)されるそうですね。希望を持った悩めるiPhone初心者さんたちがたくさんやってくると思うので、これからも初心者に向けた価値あるコンテンツ、iPhone体験を提供していきたいと思います。

2013年度版 App Storeの各カテゴリにおける推定ダウンロード数のまとめ

こんにちは!

このたびジェネシックスに入社いたしました、じゅん(@jujunjun110)です。
初めて記事を書かせていただきます。よろしくお願いいたします。

 

さて、皆様ご存知の通り、iPhoneアプリにおいては、App Storeランキングからの自然流入が
非常に大きな力を持っており、いかにApp Storeで順位を上昇させられるかが、
アプリプロモーションにおいて大きな意味合いを持っています

そこで、今回は、2013年4月現在、App Store各カテゴリにおいて、ランキング入りするには
どれだけのダウンロードが必要なのか調査いたしました。

2年前の記事の追加調査になっておりますので、こちらの記事もご覧ください。)

 

1.調査方法

弊社の運営するいくつかのアプリの2012年以降の実データから、
総合順位とダウンロード数のおおよその関係性を算出。

次に、この関係をApp Store内のアプリの総合順位とカテゴリ順位の対応関係に当てはめ、
カテゴリ◯位がおおよそ何DLくらいなのかを推定。

※1 順位は、実際にはDL数だけでなくレビュー数やアンインストール率など、
複合的な要素によって決まると言われていますが、
その中でも特にDL数の影響が非常に強いので、今回はDL数と順位の関係に絞って調査しております。

※2 あくまで限られたデータ内での推定値であるということをご了承の上で、
ざっくりと、どれくらいのDLが目安かの確認にお使いください。

※3 弊社の現在運営しているアプリのバランスの関係上、
今回の調査においては有料アプリについて信頼性のある推定が難しいと判断したので、
今回は無料アプリに絞っております。

 

2.調査結果

さっそく、結果ですが、このようになりました!
(単位はデイリーダウンロード数)

AppStoreカテゴリ別ランクインに必要なDL数

実数値としては、2年前の調査と比べて数値の大きな変化は見られませんでした。
(※作成者が違うので、値の選び方のポリシーには多少ズレがあると思われます。)

1位を取るために必要なDL数はほぼ同じでも、
「ユーティリティ」のように、層が厚く中位に食い込むのも難しそうなカテゴリと、
「旅行」のように、強いプレイヤーが少なく、簡単に中位に食い込めそうなカテゴリがあったりするのが面白いですね。

また、カテゴリごとに、1位を取るのに必要なDL数に大きく差があるのがわかります。
このことを踏まえ、カテゴリに1位になるために、最低限必要だと思われるデイリーDL数を棒グラフにしてみました。

カテゴリ1位を獲得するために必要なデイリーダウンロード数

一番必要DLが多いのはゲームで、最低40000DL/日くらいないと、1位になるのは難しいと考えられます。

レッドオーシャン化したと言われている市場環境が読み取れますね。

さらにこの後も、ミュージック・エンターテインメント・写真/ビデオなど、エンタメ系のジャンルがここに続いています。
これらのジャンルのアプリは、性質上、ツール系などに比べランキング上位の入れ替わりが激しく、上位にとどまり続けるのは難易度が高そうです。

一方で、メディカル、ビジネス、仕事効率化、カタログなどのマイナーなジャンルでは、強力なライバルがいないため、
2000DL/日ほどでカテゴリ1位を獲得できることになります。ゲームカテゴリのわずか20分の1ですね!

もちろん、上位に来ているジャンルのほうが「より多くのユーザーに利用されているから、DLが伸びている」とも考えられるので、
「競合も多いがアクセスも多い人気ジャンルでDLを狙う」戦略と、「競合の少ないブルーオーシャンでカテゴリ上位になって露出を高めてDLを狙う」のどちらを取るか、
よく考えてカテゴリを選ぶ必要がありそうです。

 

3.マーケットの変化は?

App Store無料総合ランキング 順位とダウンロード数の関係性

最後に、限られたデータからではありますが、総合無料ランキングにおける順位とDL数の関係性を3年分経年で追ってみました。

有意とまでは言えるか分かりませんが、年を経るごとに、
同じ順位を獲得するために必要なDL数が増えている傾向にあることがわかります。

ただし、そもそも2年前に比べiPhoneユーザー自体も増えているはずであり、
単純に考えればDL数自体は伸ばしやすくなっているはずなので、
このくらいの増加率では、競争環境が厳しくなっているとは言い切れないかもしれません。

 

…以上が、今回の調査の内容となります。

何か不明な点や、このようなことも知りたいといった要望があれば、お気軽にコメントください。

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

驚くほど役に立つiPhoneやアプリに関するNAVERまとめのまとめ。

NAVERさんと言えば、「LINE」の活躍もさることながら「NAVERまとめ」の記事もかなり多く見かけるようになりましたね。検索結果やTwitter, Facebookなどのソーシャルメディア上でも最近かなりの頻度で見かけるようになりました。

まとめの内容は死ぬほど笑えるものから、目からうろこの発見系まで様々ですが、iPhoneやアプリに関するまとめもかなり充実してきています。それらを個人的にもまとめておきたいとと思ったので、この”まとめに関するまとめ”をここに残しておきたいと思います。

★★★設定1つで便利になる! iPhoneの7機能

この投稿の続きを読む

ソーシャルアプリから学ぶUXデザイン~TuneTVとMy365~

去る7月3日(火)、クリーク&リバー社主催で、
ソーシャルアプリから学ぶUXデザイン~TuneTVとMy365~
というセミナーが開催され、株式会社シロクの石山氏と弊社のUXデザイナー藤井幹大によるトークセッションが行われました。
非常に見所の多かったそのセミナーの、全部とはいきませんが心にのこったUX金言をここでご紹介したいと思います。
※石山氏の敬称も文中では省略させていただいております。ご了承ください。

まとめ方としては、石山氏、藤井両名の発言を私の主観で5つの分野にカテゴライズしご紹介させていただきます。
*本記事は石山氏および藤井の許可を得て公開しています。

右が石山氏(株式会社シロク)、左が藤井(株式会社ジェネシックス)

この投稿の続きを読む

iTunes Connectでアプリを登録する際に気をつけたいこと

ふたたび…リジェクト経験だけは豊富な @rikanakayama です。

突然ですが、iTunes Connectでアプリを新規登録する際に、アプリ名とかキーワードとか説明文とか『これって後から変更できるんだっけ?』っと迷うことってないですか?えっと、わたしはいつも…。
ということで(困っているのは自分だけかもしれませんが)iTunesの登録項目を更新可否のレベルで一覧にしたのでシェアさせていただきます(ただの箇条書きだけど)。ついでに各項目を登録する際の注意事項や、わかりにくい項目についての解説も個人的観点で選別してまとめてみました。

いい加減なことを書かないよう、参照には信頼と実績の iOS Developer CenteriTunes Connect 公式ガイドライン(バージョン 7.3, January16, 2012)を使いました。とはいえ、よく仕様変更がある分野なので、この記事はご自身の責任において活用してください 。

【各項目の編集レベル】

(1)一度設定したら変更できない項目
・SKU
・Bundle ID

(2)バージョン単位で更新可能で、In Review以後は更新NG
Rejectされると(Developer Rejectなど含む)は更新OKとなる。
・Version Number
・Category
・Rating
・App Name
・Keywords
・Large Icon
・Review Notes
・Localization(追加) ※削除はいつでもOK

(3)いつでも更新OK
・Copyright
・Description
・Support Email Address
・Support URL
・Marketing URL
・Privacy Policy URL
・Screenshots
・EULA
・What’s New in This Version? ※初回登録時は不要
・Rights & Pricing ※バージョン単位でなくアプリ単位

この投稿の続きを読む

iPhone アプリ審査ガイドラインの変更点(2012.04.16現在)

ジェネシックスブログではすこしご無沙汰してます、リジェクト経験だけは豊富な @rikanakayama ですw

本日は某アプリ申請にあたり審査傾向を知る必要があったため、約1年半前(2010年9月)に公開された初代「 iPhone アプリの審査ガイドライン」と最新のガイドラインの比較をしてみました。せっかくなのでその結果をメモ代わりに共有しておきます。
※ちなみに、ニュアンス重視の意訳となります。ミス翻訳などは当ブログのコメント欄でご指摘ください。

【2010年9月リリース版から最新版に追加された項目】
Introduction
If you attempt to cheat the system (for example, by trying to trick the review process, steal data from users, copy another developer’s work, or manipulate the ratings) your apps will be removed from the store and you will be expelled from the developer program.

・アプリで詐欺的行為を行った場合(例えばアプリの審査をごまかそうとする、ユーザーからデータを盗もうとする、他の開発者のアプリをコピーしようとする、アプリの評価を操作するなど)、そのアプリはappstore から削除されdeveloper programからアカウントを追放されます。

この投稿の続きを読む

UXデザインを共有するためのテンプレート – UXデザイン定義書

この記事は、「genesixデザインプロセス」の一部です。

概要

UXデザイン定義書は、genesixデザインブロセスのUXデザインフェイズで作成され、その後の全てのフェイズの軸となる非常に重要なドキュメントです。
デザインプロセスの内容を参照してご利用下さい。
この投稿の続きを読む

海外のソーシャルTVアプリ事情−Bar境塾

最近買ったINFOBARに夢中の @rikanakayama です!
さて、昨日は弊社のBar Ajitoにて第二回Bar 境塾を開催したので、その際の発表内容をまとめてみました。
※BAR境塾とは?についてはこちらを参照のこと。

今回の境塾のテーマは「最新ソーシャルテレビアプス」。
私もパネラーの一人として、海外のソーシャルテレビアプリ事情を説明するという役目をいただいとりました。
司会進行はメディアストラテジストの境さん、パネラーにフジテレビの橋本さん、NHKメディアテクノロジーの中澤さんというプロフェッショナルぞろいの上に、来場者の中にはテレビ界の大御所のお姿も垣間見える会場…その真ん中に私…自分でいいんだっけ(汗)と、ビビリつつもスペシャリストな皆さんと興味深いテーマについて語りあう時間は非常にディープで楽しいひとときに…。


この投稿の続きを読む

ソーシャル時代の8つのイベント開催ノウハウ

弊社でもイベントを主催したり、グループのVOYAGE GROUPとして会場&社内バーを
提供したりする機会が多いのですが、インターネット、特にTwitterやFacebookなどの
ソーシャルメディアの登場によってこの”リアルイベント”のあり方が大きく変わっていって
いると感じます。

イベントの目的にもよりますが、イベントの成功において大事なのはイベント前、
イベント中、イベント後それぞれにおいていかにソーシャルメディアを活用して
リアルイベントの盛り上りや情報をWeb上に持ってくるか
だと思っています。

ちょっと前のMashableの記事[英文]なのですが、この辺を非常に良くまとめてあるので、
主に要約と我々の経験則をちょっと補足して以下に8つのノウハウをまとめたいと思います。

この投稿の続きを読む

ソーシャルTVアプリの海外最新情報を語ろう!

@rikanakayama です。
今回はイベントのご紹介です。

弊社のBar Ajitoで第2回 Bar 境塾が開催されます。
Bar境塾とは、「テレビは生き残れるのか」の著者でもあるメディアストラテジストの境治さんが主催のリアルミーティング”境塾”のカジュアルイベントです。第一回は「ソーシャルテレビをアプリで語る」というテーマで、司会の境さんを中心にパネルディスカッションが行われました(詳細はぜひ境さんのブログで)。

ちなみに境塾にはテレビ局、制作会社、IT企業や広告代理店とさまざま分野のメンバーが参加されています。だからこそパネルディスカッションの後のTalk&Barタイムも非常に有意義。業界を横断して”ソーシャル×テレビ”について意見交換できる場なんて他にはないんじゃないかな。

ということで、本題へ。

BAR境塾「TVアプス最前線!」
日時:2011年12月2日(金)19時開場・20時開始
(20時までに気楽に集まっていただき、お互いの交流もしてください。ビールなど飲み放題です)
司会:境 治(メディアストラテジスト・ビデオプロモーション)
スピーカー:中山理香氏(tuneTV開発・ジェネシックス)
コメンテイター:中澤義孝氏(NHKメディアテクノロジー)
橋本英明氏(フジテレビジョン)
人数:30名
開場の都合上、人数を絞らせていただきます。
会費:500円(雑費などに充てさせていただきます)

この投稿の続きを読む