【祝1周年】トリセツで実践した3つのテッパンiPhoneアプリマーケティング

torisetsu_1year_ageage

昨年の9月6日にリリースした日本一やさしいiPhoneの取り扱い説明書「iPhoneのトリセツ」が本日で1周年を迎えました。365日、毎日オススメのアプリ紹介やよりiPhoneが便利になる小技など、徹底した初心者目線で記事をお届けしております。

新メディアアプリ「iPhone初心者のための解説&流行アプリ情報ートリセツー」をリリースしました。|ジェネシックスブログ」

お陰さまで順調にトリセツの読者さんも増えております(感謝!)。そこで、この1年でトリセツにて実践してきたアプリマーケティングの中でも特に効果があったもの3つに絞ってズドンとご紹介したいと思います。

 

■実績 ~MAUやPV数など~

その前に、簡単にトリセツの現状の実績をご紹介します。

▼MAU

直近3月~7月のMAU推移です。

mau_torisetsu

3月に20万程度だったMAUは7月には倍の40万近くまで上昇中です。Web版のサイトもありますが今回ご紹介する数字はすべてアプリにおける数値です。DAUだと130,000~150,000のロイヤリティの高い読者さんが毎日訪問してくれています。

 

▼紹介アプリのダウンロード数

トリセツでは日々様々なジャンルのアプリレビューを行っています。レビュー記事によるアプリダウンロードの効果は少ないものだと数百ダウンロードですが、平均して2,000ダウンロード、多いものだと10,000ダウンロードを越える場合もあります。iPhone初心者の方が多いということもあって、定番ツール系のアプリなどが人気ですね。ちなみに読者さんの半数以上が女性です。

 

▼PV

月間ページビュー数は現在約600~700万です。毎日の記事更新数は3本(たまに4本)と、毎日読者さんが把握できる範囲内の記事数にとどめています。サービスとしてページビューは重視しておらず、実際トリセツにおける重要KPIはあくまでMAUやDAUで、質の高い読者さんの獲得を目指しています。

 

さて、実績の話はそこそこに、ここから効果的なiPhoneアプリマーケティングを3つご紹介。

 

①ASO ~キーワード選定とレビュー促進~
dl_torisetsu

こちらはASO(AppStore Optimization)対策をして効果が出始めたころのデイリーダウンロード数の推移です。施策前と比べて3~4倍に増えました。ASOのポイントは2つです。

①対策キーワード選定

②レビュー催促機能

先ず①に関しては、当たり前ですがアプリのダウンロードにつながるようなモチベーションとマッチした検索キーワード対策が重要です。トリセツではアプリ内の記事検索キーワードのログを参考に設定しました。その対策キーワードは、ちょっと露骨ですが各種itunes connectの登録情報にちりばめられています。

②はだいたいのメジャーアプリはちゃんと実装していますが、満足してアプリを使ってくれているユーザーさんがある程度いるなら絶対効果的です。レビューによるレーティングの数や質は各対策キーワードの順位や、CVRにかなり関わってくるのが実感値です。

irate_torisetsu

※実際のレビュー催促アラート

この催促アラートを表示させるタイミングと文言のチューニングも重要です。トリセツではいくつかのパターンを検証しましたが、トリセツの世界観を反映したカジュアルな文言と、新規ダウンロード後3日以降の3回目起動で表示させています。ちなみにこのアラートが表示されて「はい!今書きます」を押してくれる人の割合は3~4%でした。

 

②バッジとプッシュ通知

スマートフォンアプリマーケティングにおいて、プッシュ通知はもの凄い武器ですよね。ただいち読み物のメディアアプリという立ち位置では頻繁なプッシュ通知はうざったいものになってしまうので、プッシュ通知は多くても週1回。速報的なニュースや、かなり自信を持ってお送りできる記事更新の際に記事タイトルを入れてプッシュを打ちます。こうやってかなり慎重にプッシュを打っている代わりに、毎日表示させているものがバッジです。

ba_torisetsu

トリセツの設計段階においても、いかにトリセツを立ち上げることを習慣化してもらうかが重要なテーマだったので、毎朝の通勤・通学時にトリセツの存在にそれとなく気づいてもらうために、毎朝7時にアプリアイコンにバッジを表示させています。これを朝イチバッジと呼んでるわけですが、もちろんそのタイミングには新しい記事が更新されている状態です。実際アクティブユーザーを時系列で見てみると…

morning_torisetsu02

効果てきめん!ちなみにこちらのワザはエキサイトニュースさんに教えて頂きました。感謝です!

 

③アプリ間ネットワーク(独自エコシステム)

アプリ間での誘導もアプリマーケティングでは常套手段ですね。トリセツの場合も例にもれず、そしてちょっと戦略的に独自エコシステムを作っています。

ura_torisetsu

このアプリ「ウラワザ for iPhone」はトリセツへモチベーションの高いトラフィックを送客するための集客アプリという位置づけです。

アプリ自体はトリセツの「小技」というコンテンツを流用してよりストック型に見やすくしたもので、コンテンツの再利用をしつつ、よりエッジのたったパッケージにすることによってダウンロード数は毎日約1,000程度。ここから日々トリセツに新しい読者予備軍を送客しています。iPhoneアプリの集客においてAppStoreのトラフィックはやは絶大なので、そのエコシステムのなかでいかに巧妙に網を張って独自エコシステムを築けるかは中長期で効いてくるポイントですね。

 

最後に

上記3つ以外にもトリセツでは様々なマーケティング施策を行ってきましたが、やはりアプリ自体の価値(トリセツではコンテンツ(記事)の面白さやそこに対する想い)がベースにあって、そのうえで実施するから効果的なんだと実感しています。今月には新しいiPhoneも発売され、さらに待望のドコモからも発売(?)されるそうですね。希望を持った悩めるiPhone初心者さんたちがたくさんやってくると思うので、これからも初心者に向けた価値あるコンテンツ、iPhone体験を提供していきたいと思います。

About tommygx90
桜ヶ丘ではたらくベビースターラーメン。Twitter(@tommygfx90)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。