海外の注目ソーシャル系スマートフォンアプリ20のまとめ vol.2

前回のエントリー「海外の注目ソーシャル系スマートフォンアプリ20のまとめ」が予想以上に好評だったため、
第2弾として今回も海外のソーシャル系アプリを20個まとめました。

ソーシャルサービスの本質は「誰かとつながっている感」であり、いつでもどこでもすべての”体験”をより便利で、楽しいものにできるのが「スマートフォン×ソーシャル」の可能性だと思います。
今回PickUpしたアプリも「質問」「写真」「音楽」「動画」など様々な日常の体験を「スマートフォン×ソーシャル」によってより良いものにしようとするサービスばかりです。
この中から次のTwitterやFoursquareが出てくるのか、要チェックです。

―――――――――――――――――――――――
where
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, recommendations,
―――――――――――――――――――――――

(概要)
whereは日本ではあまり知られていないが300万人のユーザー数を持つロケーションベースのリコメンドサービス。今いる場所の近くの様々なカテゴリのお店を調べたり、リコメンドで探すことができる。すでに12万のローカルクライアントを抱えており、地域密着型の店舗とユーザーをマッチングするプラットフォームとなりつつある。そこに目を付けたeBayにより先日買収が発表された。日本のAppstoreではダウンロード不可。当然ローカル情報も出てこない。

(関連記事)
ジオ・ロケーションサービスのマーケット全体図
eBay Acquires Location-Based Media And Advertising Company WHERE

―――――――――――――――――――――――
loqly
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, Q&A
―――――――――――――――――――――――

(概要)
loqlyはローカル情報のQ&Aサービス。ローカルサービスの検索においてはGoogleを採用し、直接入力したり様々なカテゴリから選ぶこともできる。他のユーザーの質問結果や、Yelpのレビュー結果なども返す仕組み。日本のAppStoreからはダウンロード不可。

(関連記事)
リアルタイムのQ&Aを実現したロケーションアプリ”Loqly”
6 New Apps for Uncovering the Best Local Knowledge

―――――――――――――――――――――――
crowdbeacon
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, Q&A
―――――――――――――――――――――――

(概要)
crowdbeaconもloqlyと同様のロケーション情報をベースとしたQ&Aのプラットフォームサービス。答える側のユーザーは事前にカテゴリの登録と位置情報より最適化される。ビジネスオーナーも登録が可能なので、店の近くの見込み顧客にレコメンドすることも可能。やはりこういったサービスはローカルビジネスとのマッチングがポイントか。日本のAppStoreからはダウンロード不可。

(関連記事)
Social Q&A Goes Local With Crowdbeacon’s iPhone App
How Crowdbeacon Is Mobilizing the iPhone User Community

―――――――――――――――――――――――
Localmind
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, Q&A
―――――――――――――――――――――――

(概要)
Localmindは、ピンポイントで今そこにいる人に質問を投げることができるサービス。例えば六本木ヒルズにいる人がLocalmind上でチェックできたら、その人に質問をすることができる。「六本木ヒルズでおいしいパスタのお店知りませんか?」みたいな感じで。サービスのコンセプトも面白いが特筆すべきはUI。シンプルだが質問送信後のオシャレなフィードバックや回答が届いた時の回答までの遷移など、よくデザインされている。日本のAppstoreにてダウンロード可能。

(関連記事)
QuoraとFoursquareが産んだ子供「LocalMind」がすげーたのしい。
Localmind Wins the Where 2.0 Startup Showcase

―――――――――――――――――――――――
Bizzy
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, check-out, recommendations
―――――――――――――――――――――――

(概要)
Bizzyは他のローカル×チェックイン系サービスとは若干違う切り口の”チェックアウト”というアクションによってお気に入りの場所をブックマークしてソーシャルに共有するサービス。ユーザーはどんどん質問に答えることによって、よりパーソナライズされたフィードを各ユーザーに返すのがこのサービスの肝のようだ。日本のAppstoreにてダウンロードは不可。

(関連記事)
Get Custom Local Business Recommendations with Bizzy
Overwhelmed by Yelp? Bizzy takes a personal approach to business recommendations

―――――――――――――――――――――――
life360
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, family, closed
―――――――――――――――――――――――

(概要)
life360はロケーションチェックインによって家族の安否が確認できるサービス。家族限定、完全クローズドでシンプルにチェックインをするだけ。このシンプルさがウケて家族登録数は100万件に達した模様。日本でも震災時にネットインフラの確実性がクローズアップされ、こういったサービスのニーズは非常に高いですね。記事では日本でも1600以上の家族登録があるとのこと。

(関連記事)
Over 1,600 Families Across Japan Use Life360’s Safety Check In During Earthquake
Life360′s Family Safety App Embraces The Check-In, Then Surges

―――――――――――――――――――――――
topguest
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, check-in, point
―――――――――――――――――――――――

(概要)
topguestはfoursquareやgowallaをはじめとする各種チェックイン系のロケーションサービスと連携することによって、各種チェックイン時に報酬(ポイント)を付与するサービス。ホテルなどとtopguestが直接提携することによって、topguest上で他のサービスと連携してチェックインすればその提携会社のポイントが得られるという仕組みだ。ポイントを軸に各チェックイン系サービスを横断するレイヤーへのポジショニングはうまいと言わざるをえない。直近ではLBS系ではInstagramtと、報酬パートナーとしてはvirgin america航空やラスベガスのカジノグループとの提携が報じられている。

(関連記事)
位置情報サービスは次のステージへ:Topguestがホテルなどと組んでチェックインポイントへの報奨サービスを展開開始
百聞は一見にしかず―Instagramを通じてサービス・ポイントが集められるTopguest
Social Media Participation Gets Rewarded in Vegas

―――――――――――――――――――――――
Color
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, photo
―――――――――――――――――――――――

(概要)
もはや説明する必要の無いくらい日本のTech系のメディアに紹介されていますが、今後のモバイルインターネットを占う上で重要なサービスなのであらためて紹介します。Colorはロケーションをベースに写真が共有できるサービス。他のサービスと違うのは徹底的にopenかつautomaticな所。撮った写真はその場所にひもづく写真と即座に繋がります。わかりやすい利用シーンだと、結婚式でみんながColorを使うと、位置と時間を考慮して勝手にすべてがつながりその結婚式のアルバムができてしまうという感じ。socialの流れの中でこのサービスが面白いのが、他のsocial graphを一切利用していないこと。あくまで偶発的につながり、場所と時間という軸では必然的に繋がる。一つ一つの写真にはあまり意味や価値はなくても、それが場所と時間を軸に自動で繋がることによって全体として意味や価値を持つというコンセプト。ただ、このサービスの面白さは実際にまわりに大量のユーザーがいて、それが有機的につながっていく瞬間を体験しないと理解できない。そういう意味ではスケールしにくい構造であり、話題になった資金調達額ほどの価値を埋めるかでいうと疑問符が残る。

(関連記事)
「ソーシャル」概念に革命をもたらすことになるかもしれないモバイル向け写真アプリケーションのColor、大金を調達してサービス開始
“Color”初のパートナーはFOX。舞台は新作映画のプロモーション

―――――――――――――――――――――――
Pixamid
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, photo, taging
―――――――――――――――――――――――

(概要)
Pixamidは「Social Camera」の王道といった感じのサービス。撮った写真をいかに簡単に人をタグ付けして場所を指定してソーシャルに共有するかを追及したコンセプトとUI。共有という意味では前述のColorと同じく”同じ場所”にいる人に向けて共有する。Colorは完全にOpenだが、Pixamidは公開反映を設定できるのがポイントだ。

(関連記事)
Colorよりも便利な位置対応写真共有アプリPixamid–ほかのアプリからも写真を取り込む

―――――――――――――――――――――――
LoKast
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, interest
―――――――――――――――――――――――

(概要)
LoKastは位置情報にひもづけて”media”を共有することができるサービス。 mediaはビデオや音楽、写真など様々だ。LoKastは一時的なロケーションベースのソーシャルグラフによってコンテンツをシェアし、新たな”発見”をユーザーに提供することを目指している。ロケーションにひもづいたコンテンツ(メディア)をベースにインスタントなコミュニケーションを生成するという意味ではColor登場のずいぶんと前からこのLoKastはアプローチしていたわけですね。ただアプローチを間違えた。それは下記記事でもCEOが認めています。

(関連記事)
LoKast shares media between iPhones and Android phones
Color underwhelms the competition

―――――――――――――――――――――――
Soundtracking
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]music, interest
―――――――――――――――――――――――

(概要)
Instagramのmusic版という一言に尽きる。タブのレイアウトなどもほぼInstagramを踏襲。リリース後2週間で10万ダウンロード、6週間で25万ダウンロードを達成した模様。「音楽」は普遍的なニーズと、趣向性がかなり反映されるコンテンツであり、iPhoneとの相性が良いのでmusic×socialはまだまだ可能性のある分野と思われる。特に「共有」からの「発見(音楽)」「出会い(人)」という2つのポイントのどちらに重きを置くかでサービスのground designも変わってくると思うのだが。

(関連記事)
感覚を補完する新しい音楽コミュニケーション!『SoundTracking』に登録&使用してみた
ソーシャルな音楽アプリSoundTrackingが立ち上げ6週間でダウンロード25万を達成

―――――――――――――――――――――――
SoundCloud
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]music, discover
―――――――――――――――――――――――

(概要)
SoundCroudは簡単に言うと音楽版のyoutube。Webサービスはすでに2008年10月からスタートしており、主にアーティスト自身や音楽関係者が楽曲をシェアしたりプロモートしたりするのに使われている。昨年リリースしたiPhoneアプリは録音して手軽にアップロードできる機能や、楽曲検索や特定のアカウントをフォローすることによっていつでもCloud上の音楽をストリーミングで楽しむことができる。特にClub music系の楽曲は豊富で、いつでも音楽とともに生活したい人には必須のサービスだ。直近ではQ&A機能を立ち上げ、よりアーティストとファンをつなげるようなコミュニティ色を強くしていく模様。

(関連記事)
SoundCloud: アーティストやレーベルに人気のウェブ・サービスの iPhone アプリケーション。
SoundCloudがオーディオに関するQ&Aサイトをベータで立ち上げ–本誌読者200名を招待

―――――――――――――――――――――――
viddy
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]video
―――――――――――――――――――――――

(概要)
Soundtrackingが音楽版のInstagramならば、viddyはビデオ版のInstagram。アップロードできる動画は15秒まで。様々なエフェクトも用意され他のユーザーをフォローしたり、フォローされたりできる。特にUI designに凝っている印象で、直線を多様したクールで男っぽいデザインはかっこいい。USA TODAYによると直近で15万ダウンロードを突破した模様。

(関連記事)
写真の次は動画だ!動画共有SNS/iPhoneアプリ「Viddy」
Talking Tech | Viddy, the ‘Instagram’ of video?

―――――――――――――――――――――――
vlix
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]video
―――――――――――――――――――――――

(概要)
viddy同様のビデオを編集してシェアするサービス。viddyと異なるのはエフェクトの数と、ビデオの前後にコメントを挿入できる所か。逆に広くユーザーと繋がるような仕掛けは少なく、かなりシンプルな印象。エフェクトはスローモーションやフレーム的なものまで、viddyよりも多彩なバリエーションが揃っているのが評価できる。

(関連記事)
撮影したビデオにエフェクトをかけて友達に共有することができる”Instagram-meets-Vimeo”なiPhoneアプリ「Vlix」が来週登場
New Video-Sharing App for iPhone Polishes Clips With Effects

―――――――――――――――――――――――
socialcam
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]video,
―――――――――――――――――――――――

(概要)
viddy、vlix同様のビデオを編集してシェアするサービス。同2つのサービスと異なるのは、エフェクトが用意されていないところ。ただし、随所に動画ならではの工夫が見て取れる。個人的に動画は写真に比べ一覧性が悪く、パッと見でそのコンテンツの良し悪しが判断できないのが特にソーシャル×ストリームのデザインにおいては難しいと思っています。ただ、socialcamではサムネイルを4分割し、より多くのシーンを一瞬で見せる工夫をしている。すでにリリース1ヶ月で25万ダウンロードは達成している模様。

(関連記事)
Socialcam’s ‘Instagram for Video’ Is Now On The Web, Too

―――――――――――――――――――――――
Dailybooth
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]lifelog, photo
―――――――――――――――――――――――

(概要)
DailyboothはノートPCのカメラや、iPhoneのカメラなどで自分の顔を撮影し、シェアするだけのいたってシンプルなサービス。シンプルで手間のかからないサービスであるが故、大量のフィードと大量のリアクションが心地よいサービス。ゆるく誰かとつながっていたい、暇つぶしのソーシャルサービスとしては大変面白い。「live」というタブを”つけっぱなし”にしておけば次から次へと世界中の人々の顔が流れてくる。きっとイケメンやかわいい子がいたらコメントをつけみてはいかがでしょうか。

(関連記事)
140文字? そんなに書くのは大変。DailyBoothなら写真を1枚アップするだけ
ティーンたちが写真とテキストでチャットするDailyBoothにとって前面カメラのあるiPadは好機
【DailyBooth】究極の”ソーシャル暇つぶし”アプリ

―――――――――――――――――――――――
FaceWorldMatch
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]matching
―――――――――――――――――――――――

(概要)
FaceWorldMatchは先ほどのDailyboothをより”エグ”い感じにしたサービス。映画「ソーシャルネットワーキング」をご覧になった方やFacebookの歴史に詳しい方ならFacebookの前身となるサービス「フェイスマッシュ」をご存知だと思いますが、本サービスはまさにこれをiPhoneアプリにした韓国産のアプリです。ユーザーは男女や国を選ぶと、その国の2人の顔写真が表示されるので、どちらか”良い”と思う方を次から次へと選んでいきます。毎回トーナメント方式になっており、最終的に最もカッコイイor美しい男女を決めるというもの。そのユーザーとチャットをすることもできますが、これにはアプリ内課金が必要という罠もセットです。

(関連記事)
「フェイスワールドマッチ」で韓国人男女が世界最高

―――――――――――――――――――――――
Frenzapp
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]discover, share
―――――――――――――――――――――――

(概要)
増え続けるアプリに対して、新しい「発見」を提供しようというのがFrenzapp。アプリ内でソーシャルグラフを構築させることによって主に”ソーシャル導線”でのアプリ発見を支援する。まずインストールすると自分の端末にある大まかなアプリ一覧が表示されるので(仕組みは不明)これをチェックして行くと先ず自分の持っているアプリがソーシャルに共有される。その後はソーシャルフィード以外にも豊富でユニークなメニュー(Now on saleやPopular Nearbyなど)から新たなアプリの発見を後押ししてくれる。またFoursquareのようにバッジの仕組みも導入し、gamificationも意識したデザインになっている。

(関連記事)
友達と面白いiPhoneアプリを教えあう”アプリSNSアプリ”の「Frenzapp」。これからの新しいアプリの出会い方になるか

―――――――――――――――――――――――
SnappyTV
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]discover, share, tune-in
―――――――――――――――――――――――

(概要)
観ているテレビ番組にチェックインするアプリは本ブログでも紹介した通りたくさんリリースされているが、SnappyTVはひと味違う。SnappyTVは観ている動画の一部を”snap”(最大20秒)してFacabookやTwitterに共有できるサービス。確かにテレビ番組一つとってもずっと面白い場面ばかりではないし、盛り上がった一瞬だけを細切れに楽しめるというのは面白いコンセプトだ。例えばsnapされている動画をみてみると、格闘技の試合での「強烈なノックアウトシーン」はこのサービスの価値を表す分かりやすい例だろう。

(関連記事)
SnappyTV Lets You Tune-In To TV Shows And Share Video Clips Online

―――――――――――――――――――――――
Voxy
―――――――――――――――――――――――
[Keywords]location, english
―――――――――――――――――――――――

(概要)
トヨタの車みたいな名前の本サービスは、レストランやショップなど場所にひもづいた語学学習体験ができるアプリ。現状ソーシャル的な要素は無いのですが、「social」「gamification」の要素を付加して学習をより楽しい体験に変えることができればものすごく可能性があると思い最後にpick up。ちなみに本サービスはスペイン語対応のみ。一時期話題になったカメラで移した文字をリアルタイムで翻訳する「Word lens」というサービスもスペイン発でしたね。

(関連記事)
語学学習アプリケーションを提供するVoxy、位置情報に対応して「日常」に応じたレッスンを提供開始
Mobile App Helps Users Learn Language From Real Life

About tommygx90
桜ヶ丘ではたらくベビースターラーメン。Twitter(@tommygfx90)

One Response to 海外の注目ソーシャル系スマートフォンアプリ20のまとめ vol.2

  1. ピンバック: genesixは『Jumvo』で「花テック」に出展します。 « ジェネシックスブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。