Shibuya UXのレポート(UCDとアジャイル開発に関して)

「UX」「ユーザー体験」「ユーザーエクスペリエンス」とこの業界の方々なら様々な機会で触れることの多いワードだと思います。
また、実際に開発プロセスに組み込みうまくワークさせている方々や、概念的に理解しているがうまくプロセスに組み込めないと悩んでいる方々も多いと思います。むしろ導入にうまくいっていない会社の方が多いのではないでしょうか。

“UX(user experience)”

つまりユーザー体験”にフォーカスしたWebサービスやアプリケーションの開発は、今後より他社との差別化や本質的に良いものを創る上において重要なプロセスになります。

弊社もまた、”UX”に関しては設立当初から意識し、開発プロセスに組み込むよう努力と反省と改善を繰り返しています。このあたりの詳細に関しては弊社のUX designer @mikihirocks に譲るとして、この”UX”に関する勉強会が先日ECナビの社内バー「ajito」で開催されましたので簡単にレポート致します。

勉強会というのはShibuya UXという会で、「”Shibuya UX” は、インターネットメディア企業でユーザーエクスペリエンス設計業務を担当する人が集う会」とのこと。

今回のテーマは「UX × アジャイル開発」というとても興味深い内容。

アジャイル(俊敏)開発というのも最近良く耳にするキーワードだと思います。
ECナビグループでも最近「アジャイル開発戦略室」が発足し、いかに良いサービスをスピード感を持ってリリースするかを強化しています。
このUXのプロセスとアジャイルのプロセスをいかに融合させるのか、これは重要なイシューですね。

さて、ざっくりレポートします。

最初の発表者は楽天の坂田様。

実際にスライドショーがアップされているので大まかな内容はこちらから確認できます。

一番印象に残ったのは

「BPUF」

というキーワード。

これは「Big Pictuire Up Front」の頭文字をとったもので、つまりプロジェクトのスタート時に大きなゴールイメージをしっかり描き、全体で共有しようとするものです。
UXとアジャイルにおいての共通項の中でも重要なのが、プロジェクトメンバーのチームビルディングであり一体感、コミュニケーションの醸成だと思います。
そういう意味では、ユーザー中心のBig Pictureをしっかり描いてメンバー全員がそれに向かって走れる状態をまず作るというのは、あまりに当たり前ですが本質を突いている重要な部分だと思います。

次に登壇したのは弊社開発本部長の@unlearned氏。

弊社の開発事例(特に失敗例)を赤裸々に交えつつ、失敗があったからこそ今のUCD(User Centered Design)があるとしています。
先ほども記載しましたが、プロジェクトにおいてはチームがいかに一枚岩になれるかが重要です。
そういった意味ですべての議論の軸となる「ペルソナ」の設定とそこから導き出されるゴールの設定はコミュニケーションにおいて重要な意義を持つとのこと。
これは実際に肌で感じる部分です。

また、印象に残ったフレーズでいうと

“「もっと」は「より良い」ではない。「より良い」は「より良い」”

つまり「より良い」ものを作るという意味では、単に機能を追加すれば良くなるわけではない。ついつい機能って盛りがちになりますよね。「より良い」ものはたいていシンプルだったりするわけです。

アジャイル開発においては様々な手法も大事ですが、こういったレイヤーの共通認識がメンバー感で重要ということですね。

会を通じて印象的だったのは皆共通した問題意識やビジョンを持っているということ。
そこで行われるノウハウの共有や悩みの共有は各組織、業界全体において本当に意義深い瞬間でした。

ジェネシックスとしてもノウハウの出し惜しみはせず、積極的に発信したり、共有の場を提供できたらと思います。

About tommygx90
桜ヶ丘ではたらくベビースターラーメン。Twitter(@tommygfx90)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。