ミニアプリによるapple審査基準の検証(実験)

こんにちは、プロデューサーの@rikanakayamaです。

実は昨年の12/24のクリスマス・イブに「もえたん壁紙」という無料のiPhoneアプリを密かにリリースしておりました。今回はこの壁紙アプリに託した裏ミッションそして、得た教訓を共有します。

実はこの壁紙アプリには二つのミッションを託していました。

  • (表)後にリリースするもえたんの英単語学習アプリの予告プロモ
  • (裏)後にリリースするもえたんの英単語学習アプリで使う萌え画像の審査レベルの把握

後発でリリースする予定の「もえたんfor iPhone」は、英単語テストをクリアするとご褒美画像(壁紙)がもらえるという実にまじめな学習アプリなのですが、ご褒美として使用する萌え画像は、下品なものではないものの、USのapple審査の目が厳しいと噂されているワンピース水着姿や肌の露出のある画像を含んでいたため、事前に使ってよい画像とダメな画像の審査基準を知る必要がありました。そのため簡単に画像チェンジや再申請ができる壁紙アプリで実際に審査を受けることによりappleの画像審査レベルを測ることにしたのでした。


▽ということで、実録・リジェクト日記。

11/11:1回目の申請

画像は全部で4枚。うち一枚を見極め画像と定め、肌の露出の多い変身中のいんくちゃん画像を挿入。

11/17: in Reviewに入る…(・_・;)

11/ 19: appleより、少し時間かかるよメールをもらう。

即NGの覚悟をしてたのに「別途時間をください」という予想外のレスに、にわかに期待感高まる。

We are currently reviewing an app that you submitted for inclusion on the App Store, and want to let you know that the review process will require additional time. We apologize for the delay and will provide you with an update on the status of your app as soon as possible.

(粗訳:あなたのアプリはまさに審査中なのですが、もうすこし時間がかかりそうです。なるはやで連絡するので待っておくれ)

12/2 :しかし、予想通りリジェクトのお知らせがとどく…(TωT)

Your application moetan wallpaper is being rejected.We feel that the content is of an inappropriate sexual nature and is not suitablefor posting to the App Store.If you are planning on releasing an English Study app in December I recommend that you choose illustrations of a different nature.

(粗訳:アップストアには相応しからぬ性的描写があるのでリジェクト。12月に英語学習アプリを出すなら、画像のチョイスは再検討したほうがいいね。)

12/8 :画像を差し替えて再申請

初回審査で予想外の時間を要したため、段階的に画像の危険度を下げていく計画を改め、一気に露出度を引き下げるが、ワンピース型(スクール)水着は着用したものを使用。

12/15: in Review(ドキドキ)

12/18 :今度は別の理由(宣伝目的だけのアプリと判定され)で、まさかのリジェクトΣ(゚д゚;)

画像ではなく、表紙画像に加えた「もえたん for iPhone 12月下旬発売予定!」という宣伝コピーによってリジェクト。前回の審査結果では指摘されなかった要素でリジェクトとなってしまいました。ただし画像については承認されたため(スクール水着が原因でリジェクトはされないことを確認)、この審査結果を受けて英単語アプリの方の画像を選定。

2.13   Apps that are primarily marketing materials or advertisements will be rejected

We encourage you to review your application concept and evaluate whetheryou can incorporate additional features to enhance the user experience.

(粗訳:宣伝要素だけのアプリなのでリジェクトします。アプリのコンセプトを見直して機能追加したほうがいいね)

※中央の2行の宣伝コピーがリジェクト要因に。

12/19 :再申請 (;人;) ナム~

機能追加するリソースの余裕がなかったため、とりあえず宣伝コピーを削除して再申請。

12/22 :in Review  (((゜д゜;)))

12/22 :Ready for Sale (晴れて承認!)

ということで、萌え画像を使うのってリスクだよねということ以上に今回学んだこと;

  1. プロモーション目的でライトアプリをリリースする場合は宣伝目的だけのアプリとしてリジェクトされる可能性があるので宣伝要素のバランスに注意が必要である。
  2. 一回の審査結果ですべてのリジェクト要因をフィードバックしてくれるとは限らない(まとめてFBして欲しいところですが…)。

ちなみに、本来は1月にリリース予定だった「もえたん for iPhone」は1/17に初申請してから、リジェクト&再申請のやりとりを未だに継続しています’(目下in Review中)。壁紙で画像の審査レベルを予測したものの、apple側でも萌え画像に対する明確な審査基準は持っていないらしく…リジェクトの際にも具体的な理由は示されません。リスクを避け、余計な工数をかけずにリリースをしたいなら萌えとかグラビアとか審査の基準があいまいなカテゴリで勝負するべきではありませんね…。次回はこの場でもえたんfor iPhoneのリリース報告ができることを願いつつ、今日の記事をしめたいと思います。

以上、自分用のメモをベースにしたレポートゆえ、読みにくい点はご容赦ください。異論、反論、ご質問もお待ちしております。

参考:もえたん壁紙

http://itunes.apple.com/jp/app/id403944493?mt=8

【追記】
この記事をアップした日(2/21)の翌朝(2/22)、めでたくAppleの承認が下りて、リリースの運びとなりました。
このアプリ自体のリジェクトからリリースまでの顛末は、それだけで十分ドラマなので、
別途このブログの場を借りてリリースさせていただきます!

もえたんfor iPhone詳細はこちら↓
http://genesix.co.jp/apps/moetan/

いんく先生はここにいます↓
http://twitter.com/ink_sensei

PS:「彼女はどんなダンジョンでも、タンクトップ姿でもふもふする」らしいです……例文の選択肢もシャッフルされているので、たまに現れるGodな組合わせを楽しんでくださいw

About rikanakayama
2002年株式会社サイバーエージェントへ入社。新規事業企画や開発を経験。その後、当時のグループ会社である株式会社VOYAGE GROUPへ異動。人事本部長として、新卒・中途採用全般、評価制度のリニューアル、育成制度の企画・運用を担当。ECナビ事業部の事業本部長を経て、同社の戦略事業として立ち上がったスマートフォンアプリ事業のプロデューサーとして参加。2014年1月、楽天グループマーケティング部に入社。マーケティングソリューション室の室長として各広告グループトータルのマーケティング効果の最大化に注力。2015年3月より同部署の副部長・室長を兼務。パワーママプロジェクトが実施した「ワーママオブザイヤー2014」に選出。

One Response to ミニアプリによるapple審査基準の検証(実験)

  1. ピンバック: もえたん for iPhoneリリースまでのメモ。 « ジェネシックスブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。